虫歯のチェック、正しいブラッシング方法を教えるのは稲葉歯科

妊娠中は虫歯になることが多いようです妊娠中は虫歯になることが多いようです。お腹の赤ちゃんにカルシウムを取られるからと思われがちですが、実際はホルモンバランスが崩れたり、唾液の分泌による細菌が増えることにあります。


つわりになると一度にたくさんの食事を採ることができず、何回かに分けて食事回数をすることが多くなるため虫歯になりやすくなります。また酸によりダメージを受けた歯を修復する力が低下します。そのため、虫歯になりやすいのです。

つわりで歯磨きをすることを面倒に感じたりたり、気分が悪くなるなどの症状がでますが、寝る前に歯磨きをすることで虫歯になる確率はかなり低くなります。

また、歯周病にかかっている妊婦は、未熟児出産や早産を起こす確立が高いとも言われていますので、とにかく歯磨きはしっかりするようにしましょう。

妊娠中に麻酔やレントゲンなどの必要がでてきたら、神経質にならず医師に相談してみましょう。また、治療前には産婦人科の先生にも相談をしておくことをおすすめいたします。


歯の治療の麻酔は少量使用なので負担をかけることなく治療できることがほとんどです。レントゲンも同様です。

しかしながら子宮に影響がおきる可能性はありますので、虫歯の治療は妊娠前にしておくことがベストです。また、いつでも妊娠できるよう定期的に歯の検診に通って悪い歯を治療しておくことが良いです。