土地の前面・周辺道路を知ろう

ホームへ戻る > 土地の前面・周辺道路を知ろう

賃貸の初期費用は
注文住宅の見積書の見方
マイホームとセキュリティ
デベロッパー型の工務店
工務店に設計を依頼するか

建物が建設されている場合すでに、建物が建設されている場合は心配の必要はないと思われますが、土地だけ購入して後から住宅を建設する場合には、この前面道路は重要なポイントです。というのは、土地というのは前面道路の幅員によって建設できる条件が変わってくるからです。


敷地が広い場合にも気にする必要はないですが、都市部などの狭い場所や変形した場所の場合にはチェックしておいた方がオススメです。いざ購入してから当初の思惑と違ったなどということが起こるからです。


それは、たとえば前面道路の幅員が4メートル未満の場合には敷地が道路の一部とみなされて、実質の土地面積が減らされることになるというような規制です。これは建築面積や容積率に関わってきます。その他には土地と道路が接している部分が2メートル以上あるかということです。土地と道路が接していることを接道という言い方をしますが、接道が2メートル以上ないと建物は建てられませんので、ここは最重要ポイントでしょう。

さらには道路の種別も知っておきましょう。種別というのは私道か公道かということです。購入した場所に接する道路が私道であった場合には、購入したところに建築するには、所有者の承諾が必要であり、多くの所有者がいた場合にはその方々全員の承諾が必要になります。この所有者などの情報は知っておくとトラブルにならないでしょうし、所有者にあらかじめ話をしておくことで、トラブルが起こるのを回避できます。購入後の建築のトラブルは厄介ですから事前に済ませてしまうのがおすすめです(一説にはこのトラブルが一番多いとも言われています)。この私道の所有者などの情報は法務局で手に入れることが出来ます。