拒食症とは

ホームへ戻る > 拒食症とは

矯正歯科でスピード矯正(コルチコトミー併用矯正法)
白目の色味が人気
ローコストな貸事務所であるレンタルオフィスについて
ウェディングドレス・オーダー上の注意点
チワワの洋服

拒食症とは摂食障害の一種で、正常に食事を摂る事ができない、あるいは摂る事を拒否してしまう症状です。別名、神経性無食欲症とも言います。現代社会ではとくに若い女性に発症する症状として大きな問題となっています。


この拒食症が厄介なのはさまざまな要因がその背景に潜んでいることです。とくに心理的な要因が大きな問題となっており、「自分は太っている」というイメージが自分の中で植えつけられてしまった結果、どんなに食事を減らしても満足できない状況に陥ってしまう場合があります。痩せていることが魅力的、太っているとダメ、といった社会がもたらすイメージがその人を追い詰めて拒食症へと追い込んでしまう場合もあります。こういった心理的・社会的な問題が体に影響を及ぼすことで症状が加速してしまうのです。

こういった背景があるため、女性が圧倒的に多く、男性1人に対して女性が20人程度というデータもあります。また、日本では少ないですが断食や絶食を強いる宗教的な要因で発症するケースもあるといわれています。


症状があらわれることで体重が減少することはもちろんですが、そのほかにもさまざまな症状が現れます。女性の場合は生理が来なくなるケースが非常に多くなります。その他精神状態が不安定になったり、不眠症に陥ることもあります。


無理に食事を摂ろうと思うと吐き出してしまうことも多く、治療は決して楽ではありません。この症状に苦しめられている人が現在も増えていると言われており、社会全体で向き合う必要がある病気といえます。